妊活金欠備忘録

3年半の妊活奮闘記、そして目指せ夢の一軒家

初めての胃カメラ③

さぁいよいよ検査開始です。

胃カメラだけなので着替えもありません。

入ってすぐ

じゃあ横になってくださーい。

と言われ、

口にカメラを入れるための補助器具をくわえたら早速スタートです。

余裕があったら映像見ててくださいね〜

と言われて

初めてみる自分の胃にわくわく🤩

できたのは3秒ほどでした…

検査前に胃カメラってどんなだろうと思って検索した時には、

<最近はカメラも細くなってるし、

麻酔してもらえばすぐおわります>

的なことを書いてる記事を読んだんです。

だから心構えが甘かったんです…

カメラが喉あたりに来たところで

「はい!飲み込んで!ごっくんってしてくださーい」

と言われたんですが、

きっついきっつい!!!

本当にカメラ細いのか!?

突っ込まれてる感覚ではシャワーのホースぐらいはありそう。

わかりにくいか…

指3本分飲み込むような感覚でした。

指3本飲み込んだことないけど…

とりあえずごっくんして、

でもえずいて…

先生は私を上手上手と励ましつづけますが、

その言葉もお産の時ほど励みにはならなかった…

喉元過ぎればなんとやらという言葉がありますが、

全然楽になっていかない❗️

この辺りで眼球を斜め上に持ち上げておく余裕がなくなって、

自分の胃を見ることは諦め、

検査室の隅っこに焦点のあってない視線を彷徨わせることしかできなくなりました。

「唾液は飲み込まないで出してくださいねー」

とも言われます。

しかし人間は赤ちゃんを卒業したあたりから、

意識して唾液なんて飲み込んでないんですよ先生。

大量に出てくる唾液を飲み込んでしまうのは反射的な行動。

耐えられずに唾液をのむ→

そこにはカメラがいる→

猛烈にえずく→

検査の妨げに。

えずいてしまっては早く終わらないのはわかってても、

検査中何度も何度もえずきました。

検査の補助に入ってる男性の看護師さんに

ひたすら溢れる唾液を拭いてもらい、

えずいたせいで出続ける涙を大量にながして、

あぁ化粧なんかしてくるんじゃなかった…

と心の中で思いながら耐えていると、

カメラは胃に到達。

すると先生が

「胃に空気入れまーす。ちょっとお腹押される感じしますよー」

と検査の次のステージを告げてきました。

確かになんかお腹をなかから押されるぞ!

胎動なんかとは全然違う異物感だ!

と思ったらその先生が送り込んだ空気のせいで

また別の辛さ到来。

しかし検査に慣れてきた私は、

おっ!げっぷすると楽になるじゃん!

と解決策を発見。

げーげーげっぷを出してたら、

「できるだけげっぷ我慢してくださいねー」

とまさかの宣告。

おお…検査中苦しみを逃すことは許されないらしい。

目から口からだらだらと液体を流し続け、

行き場のない空気を体に押し込めながら、

たぶん5分少々で検査終了…

(ちなみに生理現象として当然ながら、

さっきの空気は10分後ぐらいに下から出てきました。)

長い5分だった…

検査後すぐに担当した先生の所見を述べてくれます。

詳しい話はかかりつけ医さんからとのことでしたが、

問題ないポリープが4つほど。

そして胃の口がすこし緩んでるらしく、恐らく軽い逆流性食道炎だと言われました。

大きな病気はなさそうということで、とりあえず一安心😹

後日かかりつけの先生から、2年ぐらいしたらまたカメラ飲もうねー

と、言われました。

…次は絶対に眠らせてもらおう…😭

初めての胃カメラ②

前回記事にも書きましたが、

とにかく夕食後に胃が痛い!

キリキリと痛む…というよりも

おもた〜い感じ…

ムカムカもするような気もするし、

若干寒気のような感覚もある。

朝食後は全くこの症状はあらわれません。

昼食後に痛くなったのは2回ほど。

そして決まって夕食後にやってくる胃痛。

そのまま何もする気がなくなってしまい、

とりあえず布団に入ると朝にはいなくなってる胃痛。

さぁでは飲んでみようじゃありませんか!

胃カメラ予約の日。

問診票を持って部屋に入ると、

初めてですか〜?

ふつうに口からで大丈夫ですね〜?

と聞かれ、

いやいや初めてだからわかんないよ

と、心の中でツッコミを入れつつ、

小市民なので声にはできない私。

は、はい…

と歯切れの悪い返事をすると、

看護師さんもなんとなく察してくれたのか、

「口の中にものをいれたらえずくとか、

そういうことありますか?」

と聞かれたので、

あーそれはないですね

と答えたところ、じゃあ大丈夫だと判断された模様。

この時私がイメージしたのは、

テレビでたまにみる食べ物以外のものをくわえた瞬間、

おえおえとえずきがとまらなくなる外国人タレントさんの映像だったので、

自分はそういうのではないと思ったのです。

胃カメラ前に口の麻酔をします。

はじめに、胃の中の泡を消す薬だという液体を飲みます。

飲みやすいように味がつけてあるので、

なんだかあま〜いどろっとしたメロンジュースのような味。

次に、いよいよ麻酔です。

麻酔薬は氷になっていて、口の中で溶かしながら飲んでいきます。

この麻酔も同じくメロン系の味なのですが、

製氷機でつくる標準的なサイズの氷に凍らせてあります。

これがマズかった…

なんか苦いのと甘いのが無理やり混ざった味で、

やはりいかにも薬〜という味。

苦い薬は今までにも飲んだことありますが、

なにせ氷なので一思いに飲めないのが苦痛。。

3分の1ほど飲んだところで

看護師さんが部屋に戻ってきて、

「授乳中って書いてたね💦先生なんか言ってた!?」

と今更な質問。

え、や、何も特には…

ていうか今日まだ医者には会ってないし。。

とまた心の中でブツブツ。

「ごめん、吐き出して!」

と言われて麻酔中断。

看護師さんは先生に判断を仰ぎに消えていきました。

結局終わってから1時間ぐらいあければ問題ないということで麻酔再開。

しかしまた、一からマズイ氷を飲む羽目に。

検査室の外できゃあきゃあ言いながら待つ娘の声を励みに…

出産を思えばこんなもの!

母、頑張ります!!

つづく

初めての胃カメラ①

出産から4ヶ月。

体調を崩しました。

私もですが、娘もちょうど生後4ヶ月になった日に初めての風邪をひきました。

朝方寝てるときに、

コホッコホッと娘の空咳が聞こえてきて目を覚まし、

しばらく様子を見ているとまた

コホッっと空咳…

したかと思うと

ピャーッ

と3時間ほど前に飲んだミルクを吐き出した娘。

授乳後に戻すことはよくありますが、

3時間もたってから寝ているのに戻すことは今までなかった。

それに戻し方の勢いがいつもより良かったので、

これはちょっと変だぞ、

と思ってしばらく抱っこしてると寝続ける娘。

しかしまた布団に寝かすとコホコホと咳。

抱っこするとおさまる。

の繰り返し。

やはり変だと確信し、

旦那を起こして病院に連れて行きたいと言うと、

いつもはなかなか起きてくれない旦那も、

初めて経験する赤ちゃんの病気ということと、

私のただならぬ雰囲気を察したのか

何!?何!? と飛び起きてくれました。 娘ちゃんはただの風邪で大事には至らなかったのですが、 今度は私。 風邪をひいている娘の様子が気になって良く眠れなかったり、 初めての子育ての疲れが溜まったのか、 胃が痛くて痛くて… しかも決まって夕食後に痛い。 そしておさまらないまま布団に入り、 朝を迎えるとケロッと元どおり。 そんな日が2週間ほど、 しかも毎日だったので、 とうとう旦那に 怖いから病院行って? と言われてしまい、 紹介状をもらって胃カメラを飲むことになりました。 初体験の胃カメラ… なんともないといいのですが… つづく。

100均グッズの失敗と成功

前回の更新からかなりあいてしまいました(-_-)

引っ越しや出産などこの数ヶ月の疲れがドバーッと出たのか近頃体調不良ぎみです。。

 

 

とりあえず今回の引っ越しで団地暮らしに役立ったもの、

それがこの扉裏収納グッズ

f:id:ramichan:20171108162706j:plain

 

とにかく物を置くスペースがないので、扉裏のスペースを有効活用できるグッズは非常に助かりました!

 

この鍋蓋掛けはよかったんですが…

同じ扉裏シリーズで苦労したのがこちら

f:id:ramichan:20171108162853j:plain

おたまや菜箸をかけるフックなんですが、

このフックの位置が高すぎて、シンク下収納スペースの横木にあたってしまい、使える扉が1つにかぎられてしまうという予想外の事態…。

いや、ちゃんと調べてから買えって感じですよね(-_-)

 

 

さらに大失敗だったのがこちら

f:id:ramichan:20171113180131j:plain

同じく扉にフックでかける収納カゴ。

洗面台の下用に買ったのですが…

 

f:id:ramichan:20171113180345j:plain

 

横幅が想定より長くてこの有様、

閉める時は右→左、開ける時は左→右でないと使えません。

 

ダイソーとセリア両方で見たのですが、このカゴタイプの扉裏収納は横幅が長めのものしかないんです❗️

団地でなくとも小さめの洗面台の扉には絶対に大きすぎるサイズなんです…

 

100均さん、どうかサイズをもう一つ小さいの作ってください。

 

そしてもう一つイマイチだった商品がこれ

 

f:id:ramichan:20171113180824j:plain

 

タオル掛けに吊るしておけるお風呂掃除スポンジ。

 

実家で似たものを見て、これ超便利!

と思い100均で購入。

 

使ったあと吊るして干しておけるので、

素晴らしいわー♪とおもって使ってたのですが、

使用開始から2週間ぐらいすると…

 

だんだん上のCの形の引っ掛ける部分が伸びてきてLをひっくり返した形みたいになり…

 

濡れたスポンジをタオル掛けにかけると、

その重さに耐えられず落下。

よってスポンジびしょびしょ。

という残念な事態に。

 

スポンジは全く同じものに見えても100均のものは柔らか過ぎて強度不足でした。

 

 

なんでも100均で買うもんじゃないですねー(¬_¬)

いい勉強になりました。。

 

 

100均にはまる

団地って収納がない❗️

そしてとにかくデッドスペースの宝庫!

 

もともと住んでいたところより狭い家に引っ越したので仕方ないのは仕方ないんですが、

とにかく物が多くて…

 

賃貸なので壁に穴も開けちゃいけないし、

100均に助けを求めるべく駆け込みました。

 

まずキッチン。

f:id:ramichan:20171014001147j:plain

 

無残…

 

上段の上半分が完全に死んでいる。

 

 

f:id:ramichan:20171014001427j:plain

 

シンク下スペース。

扉を開いたところの写真なんですが、

右奥にも同じ空間がつながっていて、どうしたものか…

 

とりあえず買ってきたのがこちら

 

f:id:ramichan:20171014002024j:plain

 

17点のお買い上げ。

 

採寸もなにもせずに100均に行き、

おぉー!こんなものもあるんだーとテンションが上がって思ったより買ってしまいました。

 

さぁー片付けなくては!!

NHKにみつかった

引っ越しから約一週間がたちました。

 

引っ越しの3日後に今まで住んでいたマンションの引き渡しを控えていたので、

最初の3日間はひたすら掃除…

掃除しながらゴミをクリーンセンターに持ち込み引き取ってもらうこと3往復。

 

1回目に持ち込んだときに、エアコンなどの家電リサイクル法にひっかかるものや、古紙以外はもうなんでもガッサガッサ捨てれることがわかったので、

ちょっと楽しくなっちゃって…

それまでは分別とかしてたんですが

2回目以降からこれも捨ててしまえーと勢いに乗って捨てはじめ、

一気に片付けが進みました。

 

総量140キロ❗️

 

そんなにもいらないものを家に置いていたなんて…

全く断捨離できてませんでした。

正直まだまだ捨てるもの…あると思います。

結局引っ越しは3tトラック2台分の荷物でした。

 

 

引っ越しから一週間は毎日実家で3食食べさせてもらい、

8日目からようやくURでの生活を本格的にスタート。

 

そして10日目のあと15分で21時というとき、

 

ピーンポーンとインターホンの音…

 

一人だったら100パーセント出ません。

が、たまたま主人が早めに家に帰ってきてたので応対してもらいました。

この時点でもしかして…とは思っていたのですが、

なにやら玄関先で話し込む様子…

 

これは間違いないな…と思いながら

部屋で待っていると、話を途中で中断して戻ってきた旦那が一言、

 

「もう、見つかった…」

 

やっぱりNHKでした😱

 

まともに団地で生活し始めてたったの3日なのに!

もう見つかるなんて!!

NHKおそるべし…

 

 

 

 

 

引っ越しは恥をさらす

おはようございます。

 

しばらく更新できてませんでしたが…

なぜかといいますと、

仮住まいへの引っ越しが迫ってきていたからです。

 

 

今日はいよいよ引っ越し当日…

 

朝イチの授乳をしながらブログを書いております。

 

何の情報もない話になってしまうことをご了承くださいませ…

 

ただ、叫びたい

 

今日はその一心でブログを書いています。

 

 

 

引越しめんどくせー!!!!

 

 

昨日は夜中2時まで荷造り…

まぁまだマシなほうか…

 

 

過去1度だけ引越しを経験しましたが、

その時は家を出る直前まで荷造りしてたしな…

 

 

昨日は手伝ってもらった家族から、賞味期限切れ食品を突きつけられ続けました。

 

旦那にも管理の甘さがバレてしまいました。

たぶん、私は食に関してはきっちりしてると思ってたのでしょうね…

 

まさか自分が割としょっちゅう賞味期限切れのものを口にしてるとは知らず…

 

なかには2013年なんて日付もでてきましたねw

 

なんか下着姿を見られるような気分でした…

 

キッチンは主婦の聖域。

誰も知らない恥ずかしいところを他人にひっくり返されて見られたような気分。

 

 

あぁ平成が終わる前に引越してよかった…

元号が変わってしまったら平成の調味料となじられるところだった…