妊活金欠備忘録

3年半の妊活奮闘記、そして目指せ夢の一軒家

5w4d つづく出血…

5w3dでまた始まってしまった出血に、

いてもたってもいられず翌日産婦人科を受診。


診察券を作りに行くだけだったのですが、

事情を話して内診してもらうことに。

f:id:ramichan:20170613221312j:plain


その時のエコーがこちら。


まだそこに胎嚢が存在してくれていることにとりあえずホッとしました。

ただ、この胎嚢の右側に写る黒い影が血の塊なんだそう…


先生に

「この血の塊がうつってるうちはまだ出血が続くと思われます。

この時期に何かあるのは受精卵の異常が原因なので、

心配だろうけど考えても仕方ないから

まぁ…良くも悪くも開き直って!」


と言われました。

その言葉でなんとなく少し気が楽になった私。


そして家に帰ってその夕方でした。

出血も続くので一応横になっていた時…

なんだかモワーっと違和感が…


あの生理2日目の夜にドバっと出て目が覚めるような感覚。


恐る恐るトイレに行くと、

今までに見たことのない出血😱


完全に血が塊で出てきていました…


もしかしてこれは…出てきてしまったのか…

胎嚢が…


本当に見たこともない直径3センチぐらいの塊だったので、念のためナプキンに挟んで保存しておくことにしました。



テンションは地の底まで下がりましたが、


お腹のほうはあきらかにすっきりした感じ。

それまでは生理中のような感覚だったのですが、

その大出血のあとからお腹の重たい感じもなくなり、

さらにさっきまでが嘘のように出血量が激減…


もう本当にこれは考えても仕方ないな〜

と思ってとりあえず旦那に報告して帰りを待つまで寝ることに。



帰ってきた旦那に、

「見る…?」

と取っておいた塊を見るか、絶対嫌がると思って聞いて見ると

「…みる」

と予想外の返事。

血を見るのが大嫌いなのに見ると言ってくれたことに驚きと感謝でした。

見る?とは聞いたもののここでもし、

そんなのいらないよ〜

とか、

見せるなよ〜

とか言われてたら、

仮にも我が子になってたかもしれないものを汚物扱いされたと感じてしまってたかもしれませんよね。



それを見た上で色々と検索しまくった様子の旦那。


私の出血がほんとに微量になったことや、

先生に開き直れと言われたことも踏まえて

「大丈夫だよ。がんばってるって信じてあげようよ」

と、言ってくれました。



気にするな…と言われても無理ですが、

とりあえず安静にして不妊治療クリニックの診察日を待つことにしました。


BT11 判定日からの1週間 出血…

BT11 でBL-6の胚盤胞移植からの判定日でした。

 

過去の反省を踏まえて朝からトイレを我慢しに我慢していざクリニックで妊娠検査!

 

ドキドキしながら診察室に呼ばれて渡された検査薬を見てみると…

陽性の線が出てるじゃないですか!!

 

正直私にはわからなかったのですが、

先生が

「妊娠してますよ!前回とは全然ちがうね」

と言ってくれたのです。

先生が見て前回の検査薬の陽性の出かたとは全然違って濃い線が出てたそう。

 

それでも検査終了線より濃い…というほどではなかったのですが、

先生的に何らかの確信があったのか、

前回の移植の時とは違ってこの日以来クリニックで尿検査をすることはありませんでした。

 

この診察結果をうけて自分でも少しわくわくしてきました。

何より1度目の移植とは違い、この日まで出血が全くなかった!!

 

大量出血の後に判定日を迎えるのとは違って、

自分でも素直に検査結果を受け入れることができました。

 

とりあえず陽性反応は出るも

まだ胎嚢は確認できない状態で帰宅して、

5w1dでふたたび診察。

この日GS15.5mmで感動の胎嚢確認!

f:id:ramichan:20170612211935j:plain

 

 

前回は胎嚢確認にも至らず流産してしまったので、

はじめて胎嚢を見た時は感動で泣きそうになってしまいました…

 

胎嚢確認できて改めて思ったのが、

やっぱり先生の言ったとおり胎嚢確認にまで至るような時は判定日の検査薬の出かたが違うんだなということ。

 

先生はたぶん、私には言わなかっただけで

前回の検査薬の反応は望み薄だったんだろうな…と思いました。

 

 

5w1dまで順調にきて、

「次回6w1dの診察までに分娩予定の産婦人科で診察券を作っておいてくださいね〜」

と言われて、

また一歩不妊治療クリニックの卒業に近づいたことにウキウキしながら帰宅。

 

その2日後、

事件は起きました。

 

ここにきてまたも出血!!

5w3dにして始まった出血に、

前回の移植時の記憶が蘇ります…

 

 

2度目の体外受精 妊娠しやすいからだづくり

こんにちは。ラミーです

 

最近ツバメやスズメも子育てシーズンのようで、ヒナの声をよく聞きます。

とってもほっこりして、人間がお腹に赤ちゃんを宿すことも含めて

いきものってすごいなぁと思っていたのですが、

先ほどそんな生き物の神秘にどうしても感動できない出来事がおきました。

 

洗濯物を取り込もうとベランダに出た時です。

カメムシの産卵を現行犯逮捕…😱

 

写真は自粛しました。

せっかくブログを見てくださった方が絶叫してもいけないので…

 

戌の日に腹帯を巻いたり、

おせちに数の子を食べたり、

なにかと子だくさんや安産の動物にあやかろうとする文化ですが、

カメムシにまですがるのは私はムリでした…

 

これまでに幾度となく洗濯物はヤラれてますが、現行犯逮捕は初めて…

 

しかもなぜかいつも旦那じゃなくて私の洗濯物にばかり産み付けられる…

 

「よかったじゃん。子だくさんの兆しだね」

と妊娠中の私に向かって冗談を言う旦那。

 

殺意ですね…

 

気付かず部屋に取り込んで箪笥の中で子だくさんになってたらどうしてくれるんだ💀

 

 

さて、前置きが長くなりましたが

今回は2回目の体外受精のお話です。

 

2回目の体外受精は凍結胚を使っての胚盤胞移植となりました。

 

この体外受精でめでたく妊娠し現在臨月に入っています!

 

1回目だめだった時と比較しながら振り返っていこうと思います。

 

 

まずこの移植に使った胚は受精段階ではグレード3で、めちゃめちゃ状態がいいという訳ではありませんでした。

 

 

f:id:ramichan:20170611175049j:plain

これが8分割のとき

 

f:id:ramichan:20170611181250j:plain

 

こっちが移植時にBL-6まで成長してくれたもの。

 

 

前回の移植の反省を踏まえて今回判定日までにやってみたことが生活改善です。

 

まずちょっと激しい運動をセーブしました。

実は前回、移植後出血するまでわりとハードにテニスをしていた私。

 

それが流産の原因というわけではないのですが、激しく動いたせいかな…なんて思うのも嫌なのでとりあえず辞めてみることに。

 

 

代わりに体質改善も兼ねて積極的にヨガに通いはじめました。

 

2つのヨガ教室に通って、

一つはローホットヨガ、もう一つは2対1の少人数でじっくりできるハタヨガ教室でした。

 

ローホットヨガは冷えの改善のため。

ホットヨガほど汗だくになってハードにやる物ではなく、30度のスタジオでやるヨガです。

ももが冷たい事が多かったり、下半身の血流があまり良くない気がしたので…

 

もう一つの教室は少人数なので、今日はどこの調子が悪いですか?などとレッスン前に聞いてくださり、それによってメニューが決まるので

自分の体としっかり向き合って体を整えることができる教室でした。

 

 

自律神経を整えてあげることは体にとってとてもいいことです。

ヨガとかはちょっと…っていう人は、なんでもいいので自分の身体がこれなら楽しい!と思える運動をしてあげるのが良いと思います。

 

多分嫌々ヨガするのは全然意味ないし続きません。

 

サプリとか、妊娠に効く鍼灸とかもいいとは思いますがちゃんと体を動かして健康な体をつくるほうが絶対に妊活成功には近道だと思いますよ!!

 

黄体ホルモン補充 坐薬(座薬)との戦い

体外受精にトライしている方なら避けては通れないもの…それが坐薬です😩

 

私なりに格闘した結果辿り着いたプロゲステロン膣座薬の入れ方を紹介します。

 

 

 

体外受精では自然に排卵するのを抑えるため、黄体ホルモンの分泌が抑えられています。

 

そのため移植の前後に必要になってくるのがプロゲステロン坐薬です…

 

坐薬ってなんか恥ずかしい…

 

そのせいで培養士さんに

「坐薬は使ったことありますか?」

と聞かれて、使ったことはあったので

「はい、あの…普通の…坐薬ですよね?」

 

とだけやり取りをして何も聞かなかった…

 

結果1日2回、12時間おきの坐薬を

私はおしりから始めたのです…

 

 

坐薬を渡された時に、

指の第2関節ぐらいまでしっかり入れこんでください

と言われたのでやってみましたが…

 

 

 

無理無理無理無理

 

 

 

ふーっ

と息をはいて

力を抜いて、

いざ!

ってやっても第2関節のハードルは高い。

 

さらに入れた後に私が苦しんだのは、

 

オナラです(^_^;)

 

すみません…こんな話で。。

 

明らかに普段のオナラとは違うオナラが出ます。

しかも入れてからしばらく横になって休んでから、

立ち上がった時に出る…という訳ではなく、

不定期で一日中しょっちゅう出ます😱

 

 

みんなこんなんなの⁉︎

こんなに苦労するの⁉︎

ともう頭の中にはてなマークが飛ぶ飛ぶ。

 

聞けばいいんですが、恥ずかしくてもう今さら病院で聞けなくなっていた私はネットの皆様にお世話になることに。

 

 

そこで目から鱗です。

 

 

え、お尻じゃなかったの(°▽°)⁉︎

 

膣坐薬…そうなの⁉︎⁉︎

 

お尻でも吸収には問題ないそうなのですが、

やはり入れやすさが全く違うのもあって通常は膣に入れて使うということを1週間ほど苦しんでから知りました。

 

確かにすんなり入る!(そりゃそうだ)

しかしここで気を付けなきゃいけないのがめちゃくちゃ漏れる!ということです。

 

 

・漏れて下着を汚さないようにすること

・しっかりと体内に吸収させること

・起き上がらなくても済むようにすること

・日中仕事していても入れられるように

 

 

この4つをクリアするために辿り着いた方法が、

・手袋を使う

・お尻からの座薬もうまく活用する

・夜用生理ナプキンを活用する

 

というものです。

 

まず、パウダーが付いてないタイプの使い捨て手袋を使いましょう。

料理なんかに使うブカブカのではなく、ドラッグストアに売ってるもう一つのタイプの使い捨て手袋です。

手術につかってるようなピタッとフィットするタイプで、内側にパウダーが付いてないものにします。

 

パウダーがついてると、その粉を落とすのに手を洗わないといけませんが、

坐薬を入れた後30分は動かないほうがいいので、

絶対パウダーなしがオススメです!

 

坐薬を入れたら中表にして手袋を外して、

そのままその辺にとりあえずポイしといて横になりましょう。

坐薬は体温ですぐ溶けるのでとにかく早く横になったほうがいいです。

 

 

それから坐薬を入れる前に夜用ナプキンを付けておくのを忘れずに。

こうしておけば坐薬を入れて横になったまま眠ってしまっても安心です。

12時間おきに坐薬を入れるわけですが、

昼間など横になれない時間に入れるのを避けたい時、

早朝坐薬を入れるためだけに一旦目を覚まし、

入れてからまた寝てしまうという事もよくありました。

 

 

そして私は、膣に入れる事に気付いてからも時々お尻から坐薬を入れていました。

 

というのも、お尻から坐薬を入れることのメリットとして断然漏れにくい!ということがあるのです。

 

 

膣坐薬を入れてすぐに立ったりすると絶対漏れます。

一度クリニックで坐薬を渡されて、一錠今すぐトイレで入れてきてくださいという事がありました。

 

結果下着を超えてデニムにまで付くという大惨事に_| ̄|○

しかも坐薬は油でできているので洗濯しても落ちない!!

 

また、坐薬を始めてしばらくしてからの血液検査で黄体ホルモンの数値が低かったせいで

1日3回に坐薬を追加されるはめに…

 

 

すると、どうしても日中仕事の合間なんかに入れないといけなくなって、

30分横になるという事が不可能なんです。

 

こんな時はおしりが役に立ちます( ̄∀ ̄)

 

しっかり入れることに慣れれば、

おしりから坐薬を入れた場合はそこまで漏れてきません。

第2関節は無理でも、立った時に坐薬が入ってるなーと感じないぐらいまで入れられれば大丈夫。

 

 

とにかく坐薬とは長い付き合いになります。

2回目の体外受精でも、坐薬から解放されたのは妊娠8wの時でした。

 

待望のベビーに会うため!!

となんとかモチベーションを保って乗り切りましょう(^_^;)

 

 

 

 

 

 

体外受精⑧11w6d 化学流産

顕微授精した初期胚を移植し、

生理26日目、移植後8日から出血が始まって

1週間ほど生理と同じ量の出血が続いたところから

微量の出血がだらだらと続くこと実に2カ月!

 

11w6dでようやく子宮外妊娠の可能性も完全に消えて、血中hcgの値も下がって化学流産決定となりました。

 

もちろんショックでしたが、

それよりも早く終わってくれー(^_^;)

という思いのほうが強くなっていたので

正直、ホッとしました…

 

 

今回の移植はだめだったんだろうというのはもう8wを過ぎたあたりから確信していたので、

なんなんだこの茶オリは!

いつまで続くんだ!

2カ月も続くって身体おかしいのか…?

 

とモヤモヤした日々を送っていたので

ようやく次の妊娠に向けて前に進める〜

と安心したのです。

 

また、初めて妊娠検査薬の陽性の線を見て

自分もちゃんと妊娠するんだ!

と少し励みにもなりました^ ^


 

結局体外受精1回目からの妊娠では

・判定日前に生理様の出血

・妊娠初期症状なし

・妊娠検査薬の陽性を示す線がうすくしか出なかった

・hcgの値が300を超えることがなかった

 

結果として化学流産となりました。

 

 

そういえばこの初めての妊娠中、

全く知らずにハーブティーをがぶがぶ飲んでたんですよね(^_^;)

妊娠しやすい身体づくりを目指してコーヒーなどのカフェイン入り飲料をやめ、

デトックス効果や身体を温める効果のあるハーブがミックスされたハーブティーをあらゆる水分の代わりに飲んでいた私。

 

あとから調べてその中の多くに通経作用といって生理を引き起こす作用があるのだと知りました😱

 

それが原因で化学流産になったわけではありませんが、結構飲んでいたので…

 

ハーブティーは妊活にはあまりむきません。

通経作用や子宮収縮作用のあるハーブが多過ぎて、

カフェなんかで注文するミックスされたハーブティーにはたいてい何かダメなやつが入ってます。


メジャーなものでいうと

ジャスミンカモミール。ペパーミントもたくさん摂るのは✖️ ラベンダーも避けたほうがいいそう。


またハーブティーというより市販のお茶によく入っているハトムギも子宮収縮作用があるそうです😰



飲むなら白湯です!白湯!

むしろ一日一杯ならコーヒーのほうがいいぐらい。

 

妊活中の方はお気をつけください…

 

 

 

クリニックの先生が、次生理がきたらもう2回目の体外受精挑戦して大丈夫だよー

と言うので、

うまれて初めて生理を楽しみに待つことになりました♪

ポジティブな気持ちは大切です❗️

体外受精⑦ 6w 0d セカンドオピニオン

妊娠陽性反応が出て3回目の受診になりました。

 

この日、6w0dの身体はどんなかんじだったかというと

妊娠初期症状は全くなし。

妊娠初期症状とはいわゆる吐き気、だるさ、眠気、風邪の初期症状のような状態や足の付け根の痛みなど体に感じる違和感です。

 

おりものは依然として茶色。明らかに血液が混ざってると思われる生理の終わりかけのような状態でした。

 

そして、祈るような気持ちでエコー検査へ…

 

やはり胎嚢確認できず…

 

ここまでくると、子宮外妊娠を恐れ始めます。

しかしエコーでは確認できず。

まだ妊娠検査薬が陽性を示しているので引き続き様子を見ようという診断結果に。

 

しかしこの時、私が受診していたのがクリニックの長期休みの期間直前だったため、

先生が万が一子宮外妊娠だったら困るということで紹介状を書いてくださり、少し家から遠い総合病院を休みの間に受診することになりました。

 

車でおよそ40分かかるところにあるその病院。

でも今思えばとってもいい機会でした。

不妊治療専門のクリニックには良い点として、

妊婦さんを見なくて済むのでナーバスにならなくて済むというところがあります。

長い長い妊活において、なんの苦労もなく普通に子どもを授かり幸せそうにしている方を見るのは正直辛い…という時期が必ずありますからね…

 

 

ただこの時に、普通の産婦人科を受診してみてそれがデメリットであるかもしれないということに気づきました。

 

不妊治療専門クリニックにはある種独特の空気が漂います。

私の超個人的主観に基づく分析ですが、

 

 

まず常にたくさんの方が長時間診察待ちをしているわけですが、とーっても静か。

 

みんな待ち時間が長いことを重々承知しているので、診察に呼ばれた瞬間ほぼ走って診察室に入るという暗黙のマナーがある。

 

不妊治療に臨んでいるためどことなくみんな真剣な空気をまとっている

 

つまりちょっと…空気が重いんです

 

そして産婦人科に行ってみると違いはあきらか。

 

ところどころから会話が聞こえる。

(もちろん病院なので小さめの声ですが)

妊婦さんやその家族が一緒に検診にくるためなんとなくハッピーオーラが漂う

 

そう、空気が違うんです。

 

長い間みていただいてたので、自分のこれまでの経過もよくわかってるしと思い

一度もクリニックを変えることはありませんでしたが、

長期間結果が出なくてクリニックの空気の重さに逆に滅入るようになってしまったら、

転院してみるというのも一つかもしれませんね。

 

 

さてさて、7w1dで総合病院の産婦人科受診です。

総合病院ではまずふたたびの尿検査と血中hcg数値の検査をしました。

 

そして結果は…

血中hcg数値239

上がってる…が低すぎる…

普通妊娠7wに入ると1万とかを超えてくるはずなのでこれはもはや絶望的かと…

尿検査はもちろん陽性。

依然おりものには血がまざっている。

最初に出血が始まったときから数えるともう25日も出血が継続していることになります😱

 

エコー検査で先生にもみてもらいましたがやはり胎嚢は確認されず。

 

でも先生としてはここで胎嚢が確認されないのにhcg数値が高いほうが最も怖い子宮外妊娠の可能性が高いということになるのである意味その心配は少なくて済むかな〜とのこと。

 

電卓みたいなものを出して、

妊娠週数が間違ってて実際は今妊娠5wとかなんじゃないかとかっていう可能性も模索してくれましたが、体外受精なのでそんな計算ミスもなく…

 

hcgが減ってくれないとまだ子宮外妊娠が0だと言えないので、

また1週間後に来てくださいと言われました。

 

その時にはもうクリニックも休みがあけてるのでどうしよっかなーと思いましたが、

主人が、セカンドオピニオンだと思って受診しとくのもいいんじゃないと言ってくれたので引き続きこちらの総合病院も受診していくことにしました。

 

そして帰り際、最後に待っていたサプライズがお会計…

 

 

や、安い❗️

 

 

普段クリニックでエコー検査をして帰ると1950円のお会計。

ところが総合病院のお会計はなんと400円弱!

(初診料は除きます)

 

子宮外妊娠かもしれないということで診てもらってるため、すべての検査が保険適用になってるんですね!

 

同じ血中hcgを調べる検査でも、不妊治療のクリニックでは1万円ほどかかりますが、

初めから子宮外妊娠かもしれないからという理由で診てもらった病院では、全部保険がきいて千円もかからないということです‼︎

 

 

やーあらためて自費診療の恐ろしさと健康保険のありがたみを痛感しました…(^_^;)

 

 

 

 

体外受精⑥ 5w2d

前回妊娠検査薬が陽性を示すも胎嚢が確認できなかったので3日おいてふたたび検査です。

 

 

この日ちょっとやらかしまして、

 

前回陽性が出たからもう検査薬やらないと思って、

わたくし家を出る直前におトイレにいってしまいました。。

 

こうなると、ダメなんです

 

私、尿検査すごーい苦手なんです(^^;

 

 

出ないと思ってしまったが最後。

メンタルが体に及ぼす影響って凄いですね…

一滴も出ません…

 

受付の方に何度も頭を下げながら

まだです…

まだです…

 

と奮闘すること1時間。

 

ようやくお寿司についてるお醤油程度を獲得。

(お寿司のお醤油ごめんなさい)

 

前置きが長くなりましたが、

結果どうだったかと言うと

尿検査→陽性 前回よりちょびっと濃い❓

 

そして胎嚢→確認できず…

 

この時の尿検査の数値を検査に回すことになりました。

うちのクリニックはお金のことを考えてなのか血液検査はしないんですよね…

だから血中hcg数値は不明。。

 

 

そして後日あがってきた5w2dでの尿中hcg数値は140…

 

 

ひ、低い…

 

先生も

「うーん、まぁキャンセルはいつでもできるからギリギリまで粘りましょう!

子宮外妊娠だけ注意しながらもう少し様子見ていこうねー」

とのこと。

キャンセルとは掻爬手術のこと。

 

 

ちなみにこの日もまだ出血中。

生理の7日目のような出血がつづいていました…