妊活金欠備忘録

3年半の妊活奮闘記、そして目指せ夢の一軒家

初めての胃カメラ①

出産から4ヶ月。

体調を崩しました。

私もですが、娘もちょうど生後4ヶ月になった日に初めての風邪をひきました。

朝方寝てるときに、

コホッコホッと娘の空咳が聞こえてきて目を覚まし、

しばらく様子を見ているとまた

コホッっと空咳…

したかと思うと

ピャーッ

と3時間ほど前に飲んだミルクを吐き出した娘。

授乳後に戻すことはよくありますが、

3時間もたってから寝ているのに戻すことは今までなかった。

それに戻し方の勢いがいつもより良かったので、

これはちょっと変だぞ、

と思ってしばらく抱っこしてると寝続ける娘。

しかしまた布団に寝かすとコホコホと咳。

抱っこするとおさまる。

の繰り返し。

やはり変だと確信し、

旦那を起こして病院に連れて行きたいと言うと、

いつもはなかなか起きてくれない旦那も、

初めて経験する赤ちゃんの病気ということと、

私のただならぬ雰囲気を察したのか

何!?何!? と飛び起きてくれました。 娘ちゃんはただの風邪で大事には至らなかったのですが、 今度は私。 風邪をひいている娘の様子が気になって良く眠れなかったり、 初めての子育ての疲れが溜まったのか、 胃が痛くて痛くて… しかも決まって夕食後に痛い。 そしておさまらないまま布団に入り、 朝を迎えるとケロッと元どおり。 そんな日が2週間ほど、 しかも毎日だったので、 とうとう旦那に 怖いから病院行って? と言われてしまい、 紹介状をもらって胃カメラを飲むことになりました。 初体験の胃カメラ… なんともないといいのですが… つづく。