読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊活金欠備忘録

3年半の妊活奮闘記、そして目指せ夢の一軒家

女性に席を譲るのは女性

こんにちは。ラミーです。

気候のいい季節になって人と会う約束をすることが増えました。

必然的に電車に乗る機会が増えて確信したことがあります。

 

日本人の男性は席を譲らない!!

 

圧倒的に女性が電車で必要としてる方に席を譲ってると思うのです。

 

 

妊娠してからインフルエンザなんかが怖くて遠出するのを極力さけていたので、

電車に乗ったのは10回前後。

そのうち9回は女性専用車で、

マタニティマークに気づいた女性が席を譲ってくださり、

その気遣いに毎回感激しました。

 

たった1回だけ最初から最後まで立って電車に乗ったとき、

その時だけは急いでいたので乗り継ぎに便利な一般車両に乗車。

 

平日昼間で車内はビジネスマンと学生がメイン。

みんなスマホをいじってるかお昼寝中。

 

 

私の考えも厚かましいとは思います。

妊婦だからって席を譲ってもらうのが当然とか思ってはいけないと思うのですが…

譲ってくださる優しい女性に慣れていたのでなんかすごいガッカリ…

 

旦那曰く、

私が妊娠するまでマタニティマークの存在を知らなかったとのこと。

 

そうなの⁉︎

 

電車とかであらゆるところに広告貼ってあるのにそんなもんなんですか⁉︎⁉︎

 

 

でも今日譲ってくださった方もほんとまだまだ若い女性。(たぶん大学生)

 

そんな若い方でも知ってるのに

毎日通勤で電車に乗ってるいい年した男が知らないで済まされるのかなー?

 

 

無関心って怖いですよね。

妊婦だけじゃなくて、電車に乗ってきた人が自分より座席を必要としてるかもしれないって

頭の片隅に置いとかないと