読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊活金欠備忘録

3年半の妊活奮闘記、そして目指せ夢の一軒家

無給主婦、無痛分娩をあきらめる

こんにちは、ラミーです。

 

先日助産師外来を受診してきました。

妊婦検診の時は産婦人科医の先生がとても忙しそうなのが伝わってきて、

なかなか質問しづらかったりもします…。

 

助産師外来はエコーもゆっくり見れるのでいつもよりリラックスして検診を受けられました。

 

ここまで検診の度に顔出しNGでぜんぜん顔を見せてくれなかったうちのベビー。

今回はエコーをあててる時間が長いからか、

よく動いて顔もバッチリ‼︎

ところが助産師外来は4Dエコーではないため、

後から印刷してもらったエコーを見ても心霊写真レベル…

 

壁のシミを見てここが目で、鼻で、口で…

ギャー‼︎

っていうアレです。

 

こじつけないとエコーが赤ちゃんの顔部分だとはわからないレベル…

 

お腹から出てくるまでまともに顔見れないんじゃないかと思ってきました。

 

 

助産師外来ではバースプランについて話をします。

その中でずーっと興味があった無痛分娩の話に。

私の通う病院では、35週までに決めなければなりません。

35週の後期検査の時に無痛分娩の麻酔を入れても大丈夫かどうか、

追加の血液検査が必要になるからだそう。

 

 

この日話をするまでは、やる気満々だったのです。

最近連日無痛分娩と死亡事故のニュースが出てきてますが、

私の周りに無痛分娩で無事出産した人も沢山いるので

ニュースのことはあまり気にしていませんでした。

 

 

ところがある一言で私の無痛分娩はなくなったのです。

 

そう、お金。

結局、お金。

 

 

先に出産した友人が無痛分娩3万円だったと聞いて、

旦那さんも3万円であの鼻からスイカっていうのが楽になるなら迷う必要もないでしょ!

って言ってたのに…

 

 

うちの病院の無痛分娩費用はなんと10万円。

 

やっぱり産婦人科って自費診療だから病院によってぜんっぜん値段が違うんですね…

 

 

無痛分娩を諦めました。

 

と帰って旦那に報告。

 

なんでー⁉︎

 

と言われましたが、

10万円の話を出すと、

即、納得。

 

 

(出産一時金42万円+健保から出る追加の一時金) ここから実際に出産にかかった費用を差し引いた分がそのまま支給されるので、

私さえ苦しめば10万円いただけるということです。

 

 

 

陣痛のMAXの痛みがきたら、

10万円!10万円!と枕元で旦那に言ってもらって出産を乗り切ろうと思います。