読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊活金欠備忘録

3年半の妊活奮闘記、そして目指せ夢の一軒家

体外受精にすすむ決心

こんにちは。

今日はちょうど1年前のお話。

私達夫婦が体外受精にトライするのを決めた時のことです。

 

 

それまで約3年半、

タイミング法そして人工授精と治療をステップアップしてきましたが、

前にも書いたように人工授精がメンタル的につらかったこともあって体外受精に進んでいくことを考えていました。

 

でもなかなか決心がつかず…

 

そんな私の背中を押したのはやっぱり旦那さんでした。

ほんといい意味でドライなところがある旦那さん。

 

 

もう少し自然妊娠に希望をもって妊活して、

35ぐらいで体外受精にふみきってもいいんじゃないかなんて考えていた私。

 

 

しかしセミナーで体外受精について話を聞いた旦那さんが

「そこまで待つ必要ある?」

と言ったのです。

 

 

確かに35歳を過ぎてから妊活をはじめた方からは、

もっと早く始めていればよかった…

という後悔の言葉をよく聞きます。

 

 

男性と比べて女性には時間がありません。

専門的な話を聞いてそのことを旦那さんが理解してくれたことに感謝です…

 

 

 

度々書きますが、

パートナーの理解なしには絶対にうまくいかない妊活。

 

友人の旦那さんが友人に言った一言で、

とてもグサっときたのが

 

「君はぼくとの家族がほしいのか、それともただ子どもがほしいのか?」

 

というものでした。

 

その方にとっては妊活で、

自分がただの子種扱いされたと感じたのだと思います…

(すみません、少し言葉が乱暴かもしれません)

 

 

もしそんな事を言われたら、

もう妊活は続けていけません。

体外受精なんて論外です。

 

 

パートナーと思いやりをもって妊活を続けられることに感謝しなくちゃいけませんね。